2009年06月10日

肩と足に力が入りすぎ?

以前に「肩甲骨に気をつけて走ると違和感がある」と書きましたが、どうやら力の入りすぎのようです。

走り終わった後に肩がこったような感じ。また、腰を回して前に出そうとするため、足にも力がかかっていて、足が突っ張ったまま走っているような気がしています。

同じ距離を普通に走るとそれほど疲れないのですが、肩甲骨に注意している時と比べて腕振りが小さくなり、歩幅も狭くなっているような気がします。
「ゆっくり走るときには腕引きを注意する、普通に走るときは自然に」という練習になるのでしょうか。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記