2009年10月21日

ポラールの記録サイトが日本語表示になった!

私が使っているポラールの心拍計「RS200sd」は、内部に16回分のトレーニング記録を保管できます。さらに、ポラールのサイト(http://www.polarpersonaltrainer.com/)にデータをアップロードすれば、過去のデータをずっと見ることができます。

以前は英語などしか表示されませんでしたが、日本語でも使えるようになったようです!(9月下旬にアナウンスがありましたね)
サイトの右上のプルダウンメニューで、「日本語」選べば、以前のデータはそのままで日本語表示になりました。
単に日本語に置き換えただけではなく、年月日の順番も色々と選べるようになりました(以前は、あちら流に「日月年」の順だった)。見やすい!!

このサイトでは、記録を貯めるだけではなく、適切な大会に向かっての練習プログラムを作ることもできます。ためしに「マラソン」で作ってみたら、14週間のプログラムになりました。
そして、プログラムと実際のトレーニング内容が一つのカレンダーに表示されるので、サボっていると一目瞭然(笑)

以前、データのエクスポートもできるようになったと書きましたが、ポラールのサイトもどんどん進化していますね。

(右の製品は、RS200の後継機種のRS300Xです。RS300Xになって、PCへのデータの転送方式が変更になりました。それについては、また。)




ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

NHKのニュースでランニンググッズが紹介!

今朝のNHKテレビのニュース「おはよう日本」を見ていたら、ランニンググッズが紹介されてました!いつもは食事の合間にボーっとしながら見ているのですが、つい音量を上げて真剣に見てしまいました。

内容は、ポケットが沢山付いたレディースウェア、ランニングソックス、外の音も聞こえる骨伝導ヘッドホンの3つです。

番組ではメーカー名などの詳細は出てませんでしたが、NHKのサイトhttp://www.nhk.or.jp/ohayou/machikado/20091021.htmlでは、しっかり書いてありますね。レディースウェアはランネット、ランニングソックスはR×L、骨伝導ヘッドホンはオーディオボーンというものだそうです。

ランネットのレディースウェアは、ユーザーの意見を取り入れながら作られたようで、制作記が載っていました。400着の限定販売だそうです。ポケットが沢山有るウェアはメンズ用にも欲しいですね。

ランニングソックスには、一番興味を持ちました。RXLのランニングソックスは、ずーっと前にモニターを募集していたのですが、当時はあまり興味が無くて見送っていました。応募してみればよかった! ソックスは試してみないと良さがわからないので、機会を見て手に入れたいと思います。が、丁度CW−Xのソックスを買ったばかりなので(その時の記事はこちら)、しばらくは見送りかなあ。

ヘッドホンをしながら走っている人は、結構居ますよね。私はしたことが無いのですが、確かに周りの音が聞こえないと危ないと思います。鼓膜からではなく、骨から音を聞くというのは面白いですね。どのような音質なのか、少し興味があります。


一番感心したのは、NHKが、ネット上とは言え個々のメーカー名を出していたことです。山口百恵の歌詞を変える程のわがまま(?)な放送局だったのに、驚きました。さすがに、レディースウェアのシーンで、「こんなものも十分ポケットに入ります」と映されたパワージェルは、堂々と製品名が書いてある表側ではなく裏側になっていました。



ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・他グッズ