2009年11月23日

つくばマラソン 分析編

予定では、「スタートロス4分、前半はキロ5分20秒、後半は5分30〜40秒」を想定していました。結果は、スタートロス4分半、前半はキロ5分25秒、後半はキロ5分37秒で、数字上では、ほぼ予定通りでした。

でも、予定にあわせこんでいくのは結構大変でした。

09つくば心拍数.gif右は、心拍数のグラフです。実は、レース中は主にペースを見ていて、心拍数は余り気にしませんでした。結果からすると、前半はほぼ155までに抑えていますが、後半はじわじわと上がりだし、30km過ぎからは157(最大心拍の約90%)を超えています。35kmを過ぎると160を超え、後は上がる一方です。

40km以降で心拍数が落ちているのは、「40kmの壁」。ここは、がんばってもスピードが上がらない区間でした。
39km以降で、ふと何も考えられなくなったように覚えています。もし、フルマラソンが42.195kmでなくて45kmだったら、間違いなく減速しているでしょう。意識も飛びそうだったし、ぎりぎりのレースだったのかもしれません


09つくばペース1.gifペースは、ほぼ予定通りと言いつつも、ばらばらです。全体は右の図なのですが、測定誤差と思われる点を除くと、右下のようになります。

スタートロスは想定より30秒長く、走り出した後もペースが上がりません。実は、荷物を置いてアップする場所が無かったため、ストレッチのみでスタートラインについていたのです。そのため、最初は少し抑え気味でした。また、混雑していたため、ペースを上げることができなかったのです。

09つくばペース2.gifフットポッドのリアルタイムのペース表示とにらめっこしながら、大学を出たあたりから予定のペースを取り戻します。その後は、予定通りでした。
また、フットポッドの距離表示がおかしいと感じ始めたのは15kmを過ぎたあたりでした。「まあ、いいや」と気持ちよく走れるペースで適当に走っていました。このあたりは、ほとんど時計を見ていません。

折り返しを過ぎてからも減速しているという意識は無く、また「しんどい」という感覚も無かったのですが、ペースは落ちていますね。27,8kmあたりからは疲れてきたという感覚がありました。

30kmの通過点が予定より1分程度遅れていました。最初の1kmに6分以上かかっていたのを取り戻すことはできていません。予定ではサブ4に3分程度の余裕しかなく、これ以上予定から遅くなるのは避けたいところです。幸い、30km以降はキロ5分40秒で計画していており若干余裕はあるのですが、フットポッドのペース表示が当てにならないため、「一生懸命走る」しかありませんでした。

35km過ぎると、「キロ6分かかったとしたらサブ4に間に合うか?」をひたすら計算していました。多分大丈夫、と思えたのは38km過ぎでしょうか。でも、もう一杯一杯で、今キロ6分より早く走っているか、などはわかりません。ましてや、ラストスパートする、などは全くできませんでした。

今年から新設された大学敷地内の折り返しで、すぐ後ろにサブ4のタイムキーパーとその後の沢山の人が迫っていることがわかり、集団に飲まれそうで心配でしたが、最後は力を振り絞って、5分半程度のペースでゴールすることができました。


終わってみれば、予定より40秒くらい遅く、また4時間までは3分弱を余してのゴールでした。
公式な時計がゴールアーチの脇にぽつんとあるだけなので、グラウンドに入ってからもサブ4が切れるかどうか心配でしたが、意外に早くゴールできました。もっとギリギリになるかと思っていました。





ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 21:02 | Comment(2) | TrackBack(0) |  ・つくばマラソン

つくばマラソンでサブ4!

今年最大の目標だったサブ4を、昨日のつくばマラソンで無事に達成しました!みんな、ありがとう!!

ほぼ計画通りのラップタイムを刻むことができ、3時間57分余りでゴール。予定ではトイレ1回分の余裕を考えていましたが、立ち寄ることなく走りきりました。


まずは今回の勝因から。

  • 天気が味方した
    天気予報では12時過ぎから雨だったのですが、9:30のスタート整列時には小雨が降っていました。ポンチョをかぶって走り出しましたが、すぐに止み、その後後は曇。上はTシャツ+アームウォーマー+手袋、下はCW-Xスタビライクスのロングタイツにランパンという服装で、気温も7〜8度。暑くもなく寒くも無く、絶好のコンディションでした。

  • 給水、エネルギー補給がうまくいった
    給水も、ほぼ走りながらゲットできました。バナナも無事に食べられたし、食べる練習をしていなかったカーボショッツも、給水前の地点でうまく食べられました

  • 周りの人に助けられた
    同じペースで走っている人と抜きつ抜かれつをしながら、無事にゴールまで連れて行ってくれました。
    また、アミノバリューランニングクラブのTシャツとキャップをかぶっていたのですが、周りから沢山の声援をもらいました。5km過ぎから最後まで、アミノ東京のグリーンのリボンを両方の肩につけた方を目標にしながら走っていました。ありがとう!
    そして、バナナの皮をむいて渡してくれたエイドの人や、沿線で演奏してくれたブラスバンドの人など、みんなに助けられました。

  • 心拍計とフットポッド(距離計)がきちんと動作した
    いろんな問題があったポラールのRS200sdですが、本番ではきっちりと動いてくれました。エボルタの電池も効果があったようです。
    ですが、補正を忘れていたため、ゴールしたら43.5km近く走っていたことになりました。そのため、レース中は、予定よりハイペースという表示にもかかわらず、キロポストの通過タイムが予定より遅い、ということになり、ペース表示は参考程度になってしまいました。でも、気持ちよく走るっていと、予定通りのペースになっていたので、結果的には良かったです。


つくばマラソンの記事は、まだ続きます。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・つくばマラソン