2009年12月24日

本の紹介:山西哲郎の自然流マラソン読本

アミノバリューランニングクラブINぐんまの代表の、山西先生の著書。1985年の出版ですが、内容は全く古さを感じさせません。先生の考え方は、ずっと前から同じだということが良く判ります。

第1章は、「マラソン春夏秋冬」。春は基本トレーニングでスピード強化、夏はトライアスロン的トレーニングで種々の種目の練習を行い、秋は走りこみでウルトラマラソン走者を目指し、冬はレースでマラソンランナーになる。日本の四季を上手く利用して、長期の「期分け」の考え方で1年を過ごす。
各季節のプログラム例や、タイムごとのインターバル走の設定、ペース走の考え方、1週間の練習内容など、練習の仕方もばっちり書いてあります。

第2章は「ぼくのマラソン哲学」。マラソンの走者や大会は、その人や地域の歴史から出来ている。足を見ればランナーの歴史がわかるし、食べ物はランニングに対する思い入れを映す。先生のランニングの歴史もあります。

第3章は「マラソンランナー的生活」。朝昼晩夜の練習の考え方や、女性や子供、高齢者という当時ではマイナーなランナーに向けての激励のメッセージもある。「毎日、少しずつでもいいから走る」「朝晩走る」は、アミノバリューランニングクラブINぐんまの冒頭でお話いただきました。

第4章は「レースに出る」。レース直前の調整期の過ごし方や、レース中のマネージメント。
 1週間前に10kmをレースペース走(大会ではない)し、4日前に5kmのペース走。他の日は積極的休養。
 また、ランナーのレベル別のお勧めの大会もある。群馬でも1985年頃はフルマラソンを行っていたようです。「サブスリー向き」とあるので、高速コースだったのでしょう。

先週のアミノバリューランニングクラブINぐんまのマラニックにも、別の大会終了後に自転車で駆けつけてくれた先生。いつもありがとうございます。



山西哲郎の自然流マラソン読本―走れ!風を切って (1985年) (ランナーズ・ブックス)
山西哲郎の自然流マラソン読本―走れ!風を切って (1985年) (ランナーズ・ブックス)
ランナーズ 1985-12
売り上げランキング : 1226048


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

本の紹介:ウルトラマラソン関係の2冊

ウルトラマラソン関係の本を、2冊読みました。いずれも、1992年に出版された本です。


ウルトラマラソンへの道―人はどこまで長く走れるのか
フルマラソンを3時間少しでゴールする力量を持った著者が、仲間と共にサロマ湖100kmウルトラマラソンに初挑戦したときのレポートと、ギリシャのスパルタスロン(246km)のサポートに同行したときのレポートが主な内容である。他にも、ウルトラマラソンのランナー10人の紹介や、当時のウルトラマラソンの大会一覧が載っている。


ウルトラマラソン―人はどこまで走り続けられるか
スパルタマラソン(247km)、広島長崎ピースラン(455km)、青森東京ピースラン(800km)、ウェストフィールドラン(1011km)を走った人が、各々の思いを綴った書。
ウルトラマラソンの紀行記と、練習内容、完走するための10か条、そして「私のランニング観」という構成は共通で、比較しながら読むと面白い。
練習方法は様々。レースを練習代わりにする人もいるし、自宅から山への往復を行って山岳ルートを重視した人も居る。だが、総じていえるのは「感謝」と「心」。ウルトラマラソンは、単に体力だけではないことが良くわかる。巻末には山西先生のまとめもある。


ウルトラマラソンの本は、意外と少ないですね。ポピュラーな種目で無いためでしょうか。また、スキルやテクニックについて書いてあるものより、「旅行記」の体裁を採っているのが多いように感じます。これも、「気持ちで走る」という、ウルトラマラソンの特性でしょうね。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

2009年12月23日

ゆったり3時間走

今日は、伊勢崎西部スポーツクラブの3時間走に参加しました。

3月21日の荒川マラソンまで、あと12週!それに向けたロング走の位置づけです。目標は、キロ6分20秒でした。

09122301.jpg9時30分ギリギリに受付を済ませました。参加費が500円と大変お安いのにもかかわらず、参加記念品もいただきました。ウイダーinバープロです。ありがとうございます!

9時45分からは、コースの説明がありました。橋を2つ使って、川の両岸を走る周回コースです。1周は3.45kmで、給水のために80mが追加されるそうです。スタート地点に、1kmあたりの時間と、1周に必要な時間の対比表がありました。目標は、1周22分です。

参加者の多くは、伊勢崎西部スポーツクラブのメンバのようで、おそろいの黄色のTシャツを着ていました。「My Goal」を目指す亀さんの絵柄で、ほほえましかったです。

10時きっかりにスタート。ポラールの心拍計は「キロ5分20秒」を示していますが、どう考えても速すぎです。今日の靴(BrooksのTrance8)用に校正していなかったためでしょう。気にせず、心拍数が130前後になるように走ります。

1周毎に給水と給食をして、ゆったりと走ります。給水ロスを入れても目標ペースより速めの21分台。気持ちよく走れていたのでこのまま行くことにしました。但し、後半のペースダウンは許しません(笑)

天気は快晴。榛名山や赤城山はもとより、雪に覆われた谷川連峰もきれいに見えます。周りはゲートボールをしたり、ジョギングやサイクリングをする人も居ました。途中でストレッチしている人に声を掛けたら、3時間走の参加者でなく、単に走っている人だったり(笑)。

ほぼ130〜145の心拍数で走りました。最後の周回は少し飛ばして、19分台で心拍が165くらい。2時間50分で8周を走りました。目標より少し速めのペースで、キロ6分3秒でした。

気持ちのいい汗をかくことができました。エイドでは、バナナやりんご、チョコレートなど沢山のサポートを頂き、ありがとうございました。一緒に走っていただいた方、とても楽しかったです。

4月には、45kmのマラソンピクニックも企画されているようです。こちらも参加したいですね。




ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


2009年12月21日

足首に違和感

昨日の走り納めマラニックでは、約5kmごとに休憩を取っていました。休憩後に走り出すと両方の足首に違和感がありました。その後10分程度で普通に戻るのですが、少し気になります。気温が低かったためでしょうか。

また、以前にあった膝のお皿の下の違和感は、ありませんでした。ゆっくり走ったためか、CW-Xのサポートが良かったのか、よくわかりませんが、こちらも様子を見て無理をしないようにしたいと思います。

やはり、年齢的に無理が利かなくなってきているのかな。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月20日

AVRCinぐんま:12/20マラニック

今日は、30キロ余りのマラニックで1年の走り納めです。

上毛電鉄で、赤城駅まで。クリスマス仕様の車内はとてもきれいです。
09122001.jpg

焼きまんじゅうやさんでエネルギーを補給したあとは、国道353号線をひたすら西に向かって走ります。
09122002.jpg

途中で休憩したり昼食をしながら、30km余りの道を走って群大に戻りました。

その後はお風呂に入って、納会。素敵な一日を過ごすことができました。来年も宜しくお願いいたします。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


2009年12月19日

手袋2枚、シャツ2枚

今朝は、ついに手袋2枚、シャツ2枚の極寒期仕様でのジョグになりました。それでも、オレンジ色に染まる朝日はとてもきれい。見事な朝焼けで、朝から気分は上々です。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月18日

本の紹介:金哲彦のマラソン練習法がわかる本

2009年1月に出版された本で、副題に「自己記録を更新できる最強トレーニングメニュー集」とある。名前のとおり、6時間、4時間、3時間でマラソン完走を目指すためのメニューがメインコンテンツの本。

以前紹介した「eA式 マラソン走力UPトレーニング」や、「マラソン実戦力アップマニュアル」と同様の趣旨の本だが、本書の特徴は、99日前から1日毎に細かく書いている点。更に、運動していない人が30日でフルマラソン完走(キロ8分程度)を目指すための「駆け込みメニュー」があるのも面白い。出版時期から考えると、東京マラソンに向けての本だったのだろう。

主に4週間を1セットと考え、各セットの最後の1週間はリカバリー期と考えているのも本書の特徴だ。この考え方は金さんのオリジナルらしく、以前紹介した「マラソントレーニング」も同様の考え方のプランが掲載されている。

練習のメニュー作りにはいろいろな考え方があるが、
  • 目標とするレースを決める
  • 「期分け」を行う
  • 各期の目的をはっきりさせる
  • 適宜休養をはさんで、「超回復」を利用する
という点は共通しているようだ。

本書では、LSDやインターバル走、坂道トレーニングなどの練習メニューのアイテムは省略されており、また写真も少なめである。アイテムについては、金さんの「体幹ランニング」などに詳しく書いてある。

金哲彦のマラソン練習法がわかる本
金哲彦のマラソン練習法がわかる本
実業之日本社 2009-01-09
売り上げランキング : 13863

おすすめ平均 star
starトレーニングメニュー作りのために

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

2009年12月17日

本の紹介:マラソン完走マニュアル

雑誌「クリール」が編集したムック。
「初めての42.195kmを笑顔で走り切るための完全攻略本」「初心者ランナーが知りたいすべてが書かれています」「マラソンへの出場が決まったら、まずこの本を読んでください」というキャッチコピーが表紙に並んでいます。

第1章は、「準備をしよう」。
最初にシューズの紹介があるのは好感が持てます。何は無くともシューズ!です。100足近いシューズが、全て写真と共に紹介されているのは圧巻です。初心者向けといいつつ、3時間半以内向けも掲載されているのはご愛嬌でしょうか。私が買ったウェーブライダー12は、「3時間半〜4時間半」の部に載っていました。
その後はウェアやアイテムの紹介。ショップリストも載っていて、初心者にわかりやすいです。北海道マラソンなどに出場した人のウェアがタイムと共に掲載されていて、初めてレースに出る人には参考になりますね。

第2章は「大会に出よう」。各地の大会の紹介や、レース前の準備、レース中の走り方、申し込み方が載っています。
第3章は「コンディション作り」。ストレッチや食事、ケアの方法があります。
第4章は「トレーニング」。2または4ヶ月のトレーニングの仕方や、時間の作り方などが体験談を含めて書いてあります。

未経験者は、これ1冊で故障することなく気持ちよく完走することが出来るのではないでしょうか。写真が多いのでさらっと目を通せるのもよいと思います。




ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

2009年12月16日

ウェーブライダー12の感想

つくばマラソンのときに買ってきたミズノのウェーブライダー12。以前書いたとおり、なんと6000円でゲットしました。まだ100kmくらいしか履いていませんが、感想を書き出してみます。

なお、比較対象となった今履いている靴は、もう1000kmに達しようかというアシックスのGT-2130と、4-500km走ったブルックスのトランス8です。なので、新品のウェーブライダー12との比較は同じ条件ではありません。

  • かかとはGT-2130よりもフィットする。特に右はベストフィット。左は、最初は少し浮く感覚があったが、走っていたら慣れた。
  • GT-2130と違って、かかとの沈み込み感(かかとの上下の「ずれ」感)は少ない。
  • ウォーキングでの蹴り出しのサポート感は、Trance8と同じくらい強い。新品で、つま先に向かってのカーブが強いためだろう。但し、走っていると、それほど感じない。
  • 接地時間が長い。インク吸取器(ブロッター)のような感じ。じわーっと接地している感じで。GT-2130よりも接地時間は長く感じる。
  • じわっと反発が来る。トランス8で味わった、パンパンと言う感じではない。
  • 靴紐の穴は全部普通の丸穴だが、良く締まる。最初に丁度良く締めると、走っている時にきつく感じるときがあった。ウェーブライダーの靴紐の穴の補強が、足先に近い部分の3つと、くるぶしに近い部分の3つの、2グループに分かれているために良く締まるのか?
  • 6分台で走っていると快適。5分ペースで走ると、もう少し反発があったほうが良いように感じる。


ウェーブライダー12は、5分のペースに使うには、ちょっともったいない感じ。キロ6分の長距離走や、キロ7分のLSDには最適だと思います。



ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・シューズ

2009年12月15日

前橋シティマラソンのコースが確定!

来年(2010年)の4月25日に行われる前橋シティマラソンのコースが決まったようです。

以前に書いたように、12kmの部が無くなり、10kmになりました。そのため、ここにあるように、10kmは単純往復のコースに変更になりました。

2010 前橋シティマラソンコース図


上毛大橋を登るコースは、ハーフの部だけになりますね。登りはきついのですが、その後、緩やかに下っていくのは、気持ちが良いコースでした。

12kmという中途半端な距離でしたし、またハーフとの同時スタートで混雑していたこともあったので、コースを分けてスタート時間も別にしたのが正解かもしれませんね。

さあて、どの種目に出場しようかな?


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・前橋シティマラソン