2009年12月06日

12月6日:AVRCinぐんま 練習会

昨夜の雨が上がり、雲ひとつ無い快晴になりました!気温は高めですが、群馬名物の空っ風のおかげでじっとしていると冷えます。

今日は、90分LSDです。また、来週のホノルルマラソンや佐野マラソンを控えている人は、目一杯練習をしないように、とのことでした。

以下、M講師のお話のメモです。
  • トレーニング期は高たんぱくの食事で、調整期は炭水化物系の食事がいい。
  • 競技者は、1週間前にホールアウト(すべての力を出し切る)させ、それ以降は炭水化物を取らずに筋肉を再生させる。3日前から炭水化物を摂ると、貯蔵量が増える。但し、風邪などを引きやすいので、一般のランナーはここまですることは無い。
  • レース前2日程度で、短時間で速い負荷を掛けるのが良い。
その後、着替えて準備をします。まず、芝生をジョギングしながら体をほぐします。後ろ向きや横向きに走ったり、スキップしたり。その後、軽くストレッチ。脇の筋肉を伸ばすときは、片手ずつ伸ばしたほうがよいそうです。

その後、群大の「いやしの道」をゆっくり1周。いよいよ外に出かけます。

上毛大橋を登り、利根川サイクリングロードを北上します。キロ6分半から7分で、少し速めのペースですが、心拍数は130程度です。白くなった志賀の方の山々が見えたり、蒸気機関車の汽笛が聞こえたりして、とても気持ちよく走れました。

途中のグラウンドでは、駅伝大会が行われていました。小学生が大人顔負けで走っています。ついつい触発されて、帰りはキロ5分〜5分半ペース。もう、LSDではありません(笑)。心拍数も160を超え、上毛大橋の下りの区間ではキロ4分40秒でした。

群大に戻って、グラウンドを7分半くらいのペースで2周してクールダウン。それでも、まだ心拍数は135程度にしか落ちません。キロ5分ペースで走り続ける「3時間30分」は、まだまだ遠いですね。

終わりに、AVRCinぐんま恒例の、裸足になって芝生ラン。ひざを抱えて太腿脇を伸ばしたり、股関節や膝の筋肉を十分ストレッチして終わりました。

その後は、露天風呂のあるばんどうの湯で体をほぐしました。天気がいいので、遠くの山までくっきり。昼間でも意外と混んでいるのですね。ここの露天は、外に芝生があるので、ジョギングもできます(笑)


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!