2009年11月09日

フットポッドの電池、傾向と対策?

新品の電池を入れてきたのに、群馬県民マラソンの途中で電池切れとなってしまったポラールRS200sdのフットポッド。このときは1時間くらいしか持ちませんでした。本来は20時間くらい持つはずです。そのため、「本当に電池が持たないのか?」と実験しました。

同じ電池を使って、5日後に使用すると、1時間半で電池が切れました(逆に言うと、1時間半は使えた!)。このときの気温は17度です。その2日後(気温14度)に使用したら、5分と持ちません。

どうやら、「気温が低くなると電池の持ちが極端に悪くなる」ようです。昨年の冬と同様ですね。フットポッドのモジュールを交換したのですが、現象は変わらないように思えます。

再来週のつくばマラソンを、どうするか課題です。km表示がしっかりしてあるようなので、フットポッドをつけずに走る(心拍値のみを見ながら走る)ことにしようかと思っています。全然対策になっていないですね(笑)


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33521903
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック