2010年01月10日

冬の走り始めは、心拍計が安定しない

いつも使っているポラールの心拍計RS200sdは、胸に心拍センサ(WearLink+)を取り付けます。

ストラップの電極を十分濡らしてから付けてください」と注意書きがあり、またそのようにしているのですが、冬は汗をかくのが遅く、また乾燥しています。そのため、走りはじめは心拍計の値が安定しない時があります。

そんな時は、心拍数が181とか、ありえない程の高い数字を表示します。走りながら胸の電極を触ったりしても表示は変わりません。

大抵は4、5分走ると正しい数字に戻ります。あまり細かいことを気にせず、おおらかな気持ちで走るようにしています。

こちらはRS200のニューバージョンのRS300Xと、胸につけるセンサ「Wearlink」です。トランスミッタ付きもあります。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34663971
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック