2010年01月29日

靴の減り方が違う

使っている靴を比べてみたら、減り方がかなり違っていました。
  • ミズノのウェーブライダー12は、かかとの外側が良く減っています。まだ400km位しか走っていないはず。
  • ブルックスのトランス8は、かかとと、土踏まずの上からつま先の手前まで。さほど減っていません。300km位走ったでしょうか。
  • サッカニーのSAM2007は、親指の下だけが減っています。こちらは200kmも走っていないはずです。

素材の違いはあると思いますが、それ以上に走っているスピードの差が大きいような気がします。ミズノはLSDからキロ6分くらいまで、トランス8は5分台まで、サッカニーは短距離用なので4分台で使うこともあります。

ということは、速度によってフォームが違っているということでしょうか? ゆっくり走るときは前傾姿勢が上手くできていないのかもしれません。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34997358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック