2010年10月25日

四万十ウルトラ完走記5:レストステーションを超えて

四万十ウルトラ完走記1:旅行編、 
 四万十ウルトラ完走記2:前夜祭
 四万十ウルトラ完走記3:当日スタートまで
 四万十ウルトラ完走記4:四万十川合流まで
の続きです。




●60km:ラップ2時間44分
 ライダースインでトイレに寄り、足を進める。この先は道が細く、車に気をつけながら走る。実際には、ドライバーの方が気を使ってくれてゆっくり走ってくれた。山沿いの道なので、日陰が多くて助かった。
101017_15.jpg

 53km過ぎで、半家の沈下橋を渡るために少し下る。沈下橋からの眺めは最高だが、元の道に戻るための10m程度の登りもしんどい。

 そして、54kmを過ぎて線路の下をくぐった後は、登り!! 

 50km近く走った後の登りはとてもきつい。距離は1km程度だろうか。ほとんど歩いた。

 下りは楽かとおもいきや、膝にきていて走ることができない。ゆっくり歩いて下った。ランニングの大会で、下りを歩いたのは初めてかもしれない。情けなかったが、ゴールするためには止むを得ない。

 でも、坂の上から見る四万十川は、とてもきれいだった。
101017_16.jpg

 再び右岸の国道に移り、60kmの計測地点通過。どうやら、まだキロ8分ペースでいけているようだ。


●80km:ラップ2時間57分
 大きく橋を渡って左岸へ。と、そこがレストステーションだった。橋のたもとでゼッケンをコールしてもらい、レストステーションに着くときには預けた荷物がすぐに出てくる仕組みだ。暑い中ボランティアの皆さんには感謝感謝。

 ここまで大きな故障はないため、着替えは上のTシャツのみ。後半はアミノバリューのTシャツで臨むことにする。一旦靴を脱いで、芝生を靴下で歩く。裸足で歩きたかったが、足の状態が不明なので靴下を脱ぎたくなかったのだ。

 いつもの「ゴキブリ体操」で足の血を戻し、軽くストレッチ。使い果たしたカーボショッツを補給し、荷物を預けた。おにぎりやレモンを頂き、再び出発。レストステーションでの滞在時間は20分弱だった。

 ここから先は、国道を淡々と走る。日陰が少ないので、「次のエイド」を目標にして走るだけ。途中、岩間の沈下橋を渡ったところで、オカリナを演奏している方が居た。暑い中、ありがとう。元気が出ます。

 71.5kmのエイドでも長めの休憩。一旦止まると走り出すのに決心がいるが、それでもエイドに止まらずにはいられない。頭から水をかぶり、更に太腿に水をかけ、スポドリを飲んで、出発する。

 80km手前のエイドでも、おにぎり、バナナなどを一通り食べる。暑くても、問題なく消化してくれる内臓に感謝。そして、トンネルの向こうが80kmの計測地点だった。


 つづく。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41483386
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック