2009年07月07日

ポラールの新しいサイトにRS300Xが!

ポラールの新しい心拍計「RS300X」が、なかなか日本では発表されないなあ、と思ってネットを見ていると、ポラールのサイトが全く新しくなって移転していました!


新しいサイトは、http://www.polar.co.jp/です。RS300Xも、しっかりとこちらに掲載されていますね。古いサイト(http://www.polar.jp/も残っていますので、ご注意ください。


それによると、心拍計のみのRS300Xの定価が23,100円、GPSが付いたRS300X G1が35,700円、加速度計のFootpodが付いたRS300 sdも同じく35,700円。

Amazon.co.jpだと、10%オフですね。


主に屋外で走るので、RS300X G1にとても興味があります。ただ、GARMINのForeAthlete405と比べると、GPS受信機(G1 GPS Sensor)を別に装着するのが少し手間かもしれませんね。
また、GPS受信機の電池が単三で、ローパワーモードでも15時間しか持たないところが少し辛そうです。ガーミンはGPS使用時は8時間しか持たないようですが、充電式なので手間は少ないですね。

今使っているフットポッドも単四の電池で20時間しか持たないので、予備の電池がどうしても必要となってきます。もう少し、エコにならないかな。











ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

2009年06月27日

ポラールRS200sdが動かない!

久しぶりに良い天気の週末なので、走りに行こう!と思って、ポラールのRS200を引き出しから出したら、文字盤に何も表示されていません。

いろんなボタンを押したりしてもダメ! 仕方なく、普通の時計で走ってきました。

つい3週間前に修理から帰ってきたばかりなのに、どうしたのでしょう? 週明けに電話して聞いてみることにします。

また、修理かなあ。そろそろ買い替え時なのかもしれません。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

2009年06月23日

RS300Xの値段は、いくら?

日本未発売のポラールRS300X。まだ日本での値段は不明ですが、アメリカのアマゾンだと、RS300Xが150ドル、RS300X G1とRS300X sdが230ドルくらいです。
RS300Xが心拍計のみ、RS300X G1はGPS付き、 RS300X sdがフットポッド(加速度計で距離を測る)付きです。


日本のアマゾンでも既に発売しているショップがあります。なぜか、3種類とも32,130円ですね。

230ドルは、約22,000円。日本と1万円近く差があります。送料を入れても安そうですが、海外のショップは日本への発送を行っていないお店があったり、海外で発売されている商品を国内で使って大丈夫か(電波法がどうとか、と聞いたことがあります)?サポートはしてもらえるか?などが不安ですね。日本での値段が安くなるのが一番良いのですが、日本語の説明書とかにお金がかかるのかな?



ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

2009年06月15日

ポラール RS200sdの初期設定

修理から戻ってきたRS200sdをそのまま使ったら、違和感がありました。そういえば、色々と変更していたのでした。

備忘録代わりに、変更した項目を書いておきます。

★必ず変更する項目
 ・個人情報(身長、体重、生年月日、平常時と最大の脈拍数)
 ・Footpodの校正
  今回、Footpodの校正はしないで走ったのですが、ほぼ正確でした。偶然でしょうね。

★必要に応じての変更項目
 ・表示。これはややこしいので以下に書き留めて置きます。
 ・ハートタッチ時のアクション。無意識にタッチしてしまうことがあったので、「なし」にしていました。腕の振り方を改造中なので、「表示の変更」にしてもいいかもしれません。
 ・フィットネステスト。励みになる、かも知れません。
 ・オートラップをオンにする。1km単位での自動ラップはとても便利。
 ・オウンゾーンの設定。殆どFreeで使っているので、オウンゾーンは滅多に使いません。

★表示
使うシーンによって最適になるように、変えていました。
1.LSD用に、「下段:経過時間、中段:心拍数、上段:距離」。LSDは一定時間を走ることが目標なので、一番目立つ表示を経過時間にしています。
2.ジョグ用に、「下段:心拍数、中段:ペース、上段:時刻」。気持ちよく走ることが目的のジョグでは、あまり心拍を上げないように、心拍数をメインに表示しています。また、他の用事が後ろにあったりして、ジョグを終了する時刻が決まっている場合が多いので、現在の時刻の表示も加えています。
3.ペース走用に、「下段:ペース、中段:心拍数、上段:距離」。ペースがメインとなるので、このような形に。ペース走は目標距離を走ったら終わりにするときが多いので、距離も表示してます。
4.レース用に、「下段:ペース、中段:心拍数、上段:経過時間」。私は、レースはペースを指標にして走る場合が多いので、この設定にしています。



ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

2009年06月09日

ポラールの心拍計 RS200sdの修理完了

レースや追い込み系のトレーニングでは、心拍と距離を測定しています。先月の秩父ミューズの森チャレンジロードレースでもポラールの心拍計「RS200sd」で心拍の変化を記録しようと思っていましたが、フットポッドの電池切れで測定できませんでした。

私が使う時には、RS200sdをオートラップの機能を利用して1km毎に自動的に平均心拍を記録させているのですが、当日はフットポッドがダメで距離が測定できず、オートラップが効きませんでした。
手動でラップを取ればよかったのですが、そんな余裕はなく、終わってみれば12km全体に対しての平均心拍数が残っただけ。。
アップダウンがきついコースだったので、どれだけがんばったかを心拍の変化で見ようと思いましたが残念ながらできませんでした。


というわけで、本体とフットポッド、心拍センサをセットにして、先々週末にポラールサービスセンターに送って修理をお願いしました。


故障の症状を同封しておきました。ミューズの森で出た「フットポッドの電池が交換してもすぐに無くなる」件と、昨年9月に電池交換した本体が、年初から「電池少(Battery Low)」を表示していた件です。

フットポッドは、今年の3月頃から、電池の持ちが悪くなりました。その時に相談センターに電話したら、「100均など安い電池だとダメな場合があり、ちゃんとした電池を使って」といわれていたのでヤマダ電機で電池を買って使っていました。
そのため、「レース前には新品の電池を入れる」ということで、何とか使えていましたが、4月末の前橋シティマラソンでは、翌日には電池が無くなっていたので、この時点で修理に出すべきだったのかもしれません。でも、とりあえず新品の電池ならば使えていましたし、4月末に修理に出すと5月中の秩父に間に合わなくなるので、そのまま使っていました。

本体のBattery Lowについては、今年の初めに電話したら、「冬の寒い時期に表示されることがあるので、様子を見て」といわれたので放っていたのですが、折角修理をお願いするのならば、と、一緒にお願いしました。こちらについては、「ラップ時に音が出ない」「バックライトがつかない」などの問題点はあるものの、私の使い方では大きな支障はありませんでした。



送付して1週間後に、電話で状況の報告がありました。

本体のBattery Lowについては、モジュール一式の交換となりました。過電流が多い?そうです。フットポッドも、モジュール交換だそうです。

いずれも無償! 本体の電池は前回交換後に7-8ヶ月しか経過していないため、電池交換は無償でお願いするつもりでしたが中身の交換になるとは思いませんでした(サービスセンターの方は「ご迷惑をおかけして」と恐縮していましたが)。 ポラールのアフターサービスを見直しました。ありがとう!(でも、取れなかった記録は戻らない。。。)
今回の修理が高くつくようであれば、ガーミンやスントへ乗り換えようかと思ったのですが、しばらくはRS200sdを使うことにします。 残念ながら、新品のRS300
もお預けですね。



これがフットポッド↓
POLAR ポラール S1 フットポッド
B000N4OTG4
POLAR ポラール
売り上げランキング : 20318


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらが本体↓
POLAR(ポラール) ランナー向け ハートレートモニター レッド RS200
B000FN79OC
POLAR(ポラール)
売り上げランキング : 1558


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

2009年05月13日

ポラールの心拍計が、RS200からRS300へ

ポラールの英語のホームページ(http://www.polar.fi/en/)を見ると、RS200が消えてRS300が出ています。大きな違いはGPSが(オプションで)付くのと、PC(ウェブサイト)への転送がマイクからUSB端子に変わったこと(Flowlinkと言う名前です)。
日本のサイト(http://www.polar.jp/)は、まだRS200のままですね。

値段は、アメリカのポラールのサイトで、本体(RS300X)が169.95ドル、本体+フットポッド(RS300X sd)が249.95ドル、本体+GPS(RS300X G1)が249.95ドル。屋外を走るときはGPSがあれば速度は測れますが、屋内でトレッドミルで練習する時は加速度を測るフットポッドでないと速度は計測できないですよね。

今使っているRS200のフットポッドが不調なので、修理するならいっそのこと新品を、と、RS300Xに惹かれてしまいます。が、GPSとフットポッドの両方買うとお値段も高いし、悩んでしまいます。


(追伸)7月7日の日記に書きましたが、ポラールの新しいページにRS300Xが掲載されています!




RS300の本体は、こんなデザインのようです。
POLAR(ポラール) ハートレートモニター RS300X G1 ブラック
POLAR(ポラール) ハートレートモニター RS300X G1 ブラック
POLAR(ポラール)
売り上げランキング : 3894


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ちなみに、私が使っているRS200sdは、こちら↓です。あまり変わってないですね。
POLAR(ポラール) ランナー向け ハートレートモニター レッド RS200sdPOLAR(ポラール) ランナー向け ハートレートモニター レッド RS200sd

POLAR(ポラール)
売り上げランキング : 18323
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

2009年05月02日

ポラールの心拍計のフットポッドが

心拍計と一緒に使うフットポッド。靴に付けて、ランニングの速度を測ります。
電池は20時間以上は持つはずですし、以前はそのとおりだったのですが、最近はとても電池の減りが早い!前橋シティマラソンの前に念のために電池を換えたのですが、その後に使おうと思ったら電池切れでした。電池が2時間しか持たなかったことになります。単4の電池を1本使うだけなので、あまりお金はかからないのですが、フルマラソンでは電池が持たないことになります!? 修理に出してみようかな。

POLAR(ポラール) RS200sd OYBRS200S ランニング用
B001JPG72K
POLAR(ポラール)
売り上げランキング : 23261


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



POLAR ポラール S1 フットポッド
B000N4OTG4
POLAR ポラール
売り上げランキング : 20791


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

2008年11月14日

ポラールの心拍計 RS200sdのストラップを交換

ぐんま県民マラソンで、途中から心拍計の心拍数が正しく表示されなくなりました。その後修理に出したら、「ストラップの接点(ホックみたいなもの)が汚れていて接触不良になっている」とのことでした。毎回水洗いした方がよいと進められました。

一生懸命磨いていただいたようでしたが、復活しそうになかったので新しいストラップを手配しました。日ごろから手入れをしないとダメですね。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計

2008年10月01日

心拍計を手に入れた

ポラール(Polar)のRS200sdという心拍計を買いました。走行速度がわかるフットポッドつきです。

まだあまり使っていませんが、感じたことをメモしておきます。

よい点:
1.フットポッドと連携したオートラップは便利。1km毎に自動で心拍(max,ave)と時間を記録してくれる。ただし、キャリブレーションが不十分なのでずれる傾向アリ。
2.心拍のセンサ部にタッチすることによってアクションを起こす機能は使いやすい。アクションは可変。夜は心拍計を光らせるライトを点灯させたり、レース時はラップ機能にしたり。
3.PCにはダウンロードできないが、PolarのサイトにアップロードできPC上で結果が見えるのは便利。
4.胸に付ける心拍センサの感触は良好。但し、きつめにしておかないと、走っていてずり落ちてしまう。

もうちょっと何とかならないかなあ
1.フットポッドの校正が上手く決まらない。携帯電話のGPSで測るジョグノートモバイルと比べて、2-4%ずれる。場所や走り方(LSD,ペース走等)によるので、妥協が必要かも。
2.フットポッドは雨に弱い? 新品の電池で雨天に走ったが、Footpodの電池の消耗が早かった。
3.Ownzoneの測定が難しい。ジョギングの時に毎回Ownzoneを測定する機能があるが、上手く測れずに標準値を使ってしまう。
(Ownzoneは、その時々の自分の体の状況で最適な心拍数領域を決める機能です)


まだまだ使いこなしていない機能が沢山あります。説明書を見ながらがんばってみます。


ブログランキングブログランキング←他のランニングブログが沢山!


posted by たっき at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ・心拍計